4Cs of Diamonds ダイヤモンドの品質目安 4Cについて

ダイヤモンドの美しさの一番の魅力は「輝き」です。

「その“輝き”は、いわゆる4C(Color, Clarity, Cut, Carat)という基準だけでは表現できない」ということは、ダイヤモンド専門家の間で広く知られた事実です。

4Cという国際基準を考案したGIA (Gemological Institute of America) 自身が、「4Cだけでは、ダイヤモンドの”輝き”を表現することはできない」と言明しています。
「ダイヤモンドを自分自身の目で見て、その魅力的な美しさを実感してください」と勧めています。

01 Carat カラット -重量-

カラットとはダイヤモンドの重さを表わす単位です。“ct”と表記し、1ct=0.2gに相当します。

02 Color カラー

カラーのグレードは、ダイヤモンドのイニシャルDから始まり、Zまでの23段階に等級づけされます。ダイヤモンドのカラーは、無色透明に近いほど希少性が高まります。

03 Clarity クラリティ -透明度-

クラリティとは、ダイヤモンドの透明度を表わします。ダイヤモンドの中には天然の内包物があり、10倍に拡大した状態で検査されます。

04 Cut カット

カットとはダイヤモンドの各面のアレンジのことを言い、4Cの中でただひとつ、人の技術によるものです。ダイヤモンドを輝かせる大切な要素、ブリリアンシー(白色光)、シンチレーション(煌めき)、ファイヤー(虹色)の絶妙なバランスがダイヤモンドの美しさに多大な影響を与えるため、カットは最も重要な「C」とも言われています。

“どんな瞬間も輝いていたい”すべての女性たちに向けて、着飾るためだけではなく、明日のあなたを輝かせるジュエリーを展開いたします。

詳しく見る

お気に入りリストを見る